ハム工房ぐろーばるの和豚もちぶたオンラインショップでは、お歳暮やお中元のハムのギフトや贈り物が人気です。

和豚もちぶたオンラインショップ

  • フリーダイヤル0120-44-3746
  • 携帯電話0279-52-3746
営業時間/9:00~17:00 定休日/月曜日(祝祭日の場合と12月の月曜日は営業)
ご連絡の際は電話番号をよくお確かめのうえお掛け間違いのないようお願い申し上げます。

会員登録

リニューアルに伴い既存会員の
お客様も再登録をお願いいたします。
お手数をおかけいたしますが
何卒よろしくお願いいたします。

和豚もちぶたレシピ

WATON COLUMN

和豚もちぶたについて

2021/08

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
  • 今日
  • 実店舗定休日
  • 着日指定不可日

店舗のご案内

ウインナーを美味しく食べるための茹で方とは?

ウインナーは朝食やお弁当など、さまざまな場面で活躍する食材です。
日々食べる機会の多いウインナーですが、さらに美味しく食べるための茹で方があるのをご存じですか?

今回は、旨みを逃さずジューシーなウインナーに仕上げるための、茹で方のポイントをご紹介します。

和豚もちぶたの購入はこちら

三元豚のブランド「和豚もちぶた」の購入はこちらから。
やわらかい食感で噛むと旨味が溢れてくるジューシーさが魅力!肉質はきめ細かくしっとりとツヤがありながらも、脂身はさらっと軽く後味さっぱり。臭みやしつこさがないので、豚肉が苦手な人でも食べやすいお肉です。

ウインナーを美味しく茹でるためのポイント

ウインナー茹で方-2
ウインナーの調理法はさまざまですが、代表的なものは「焼く」と「茹でる」ですよね。

それぞれ違った美味しさが楽しめますが、ウインナー本来の味と香りを楽しむなら、茹でるのがおすすめです。
なぜなら茹でることで、余分な塩分や添加物がお湯の中に流れていくからです。

ウインナーを美味しく仕上げるためには、低温でじっくり茹でることが重要です。
ここでは茹で方の詳しいポイントについて、1つずつ確認していきましょう。

茹でる直前までウインナーは冷蔵庫に入れておく

まずはウインナーそのものの温度に気をつけましょう。

すぐにウインナーを鍋に投入できるように、冷蔵庫からウインナーを出して鍋のすぐ近くに置いておくという方も多いのではないでしょうか。

効率よく料理を進めるためにはそれで良いのですが、美味しさをアップさせるためにも、ウインナーは茹でる直前まで冷蔵庫に入れて冷やしておいた方が良いでしょう。

この理由については、後の項目でまた詳しくご説明します。

沸騰したお湯にウインナーを入れたら火を止める

大きめの鍋にお湯を沸騰させます。
この時、お湯の量はウインナーがしっかり浸かるくらいのものを用意しましょう。

沸騰したらウインナーを入れ、すぐに火を止めます。
ウインナーをあまり多く入れすぎると火の通りにムラが出てしまうので、入れる量は少なめに、鍋の中で転がる程度のスペースは開けた方が良いでしょう。

ウインナーを茹でる温度は75度前後にする

ウインナーを茹でる温度は75度前後がベストです。

沸騰したお湯に冷たいウインナーを入れると、ちょうど75度前後になります。
ウインナーを直前まで冷蔵庫に入れておくのは、このためだったのです。

75度のお湯で茹でると肉のたんぱく質が固まり、肉汁や脂肪を閉じ込めて旨みが凝縮されます。
逆に高温で茹で続けると、たんぱく質が壊れて味が落ちてしまいます。

余熱でボイルする

火を止めた後はフタをして数分間置き、余熱でボイルします。

数分で茹で上がるのか心配になるかもしれませんが、加熱処理済みの市販のウインナーであれば十分仕上がります。

火を止めるのでずっと鍋を見張っている必要がなく、空いた時間で別の作業をすることもできますね。

茹でる時間は測っておく

茹で時間は、火を止めてから10分程度です。
また茹でる時間を変えて、自分の好みの食感に仕上がる茹で時間を測ってみても良いでしょう。

ただ、朝食やお弁当で使うときなど、朝の時間帯は少しでも時間短縮をしたいですよね。
そんな時は沸騰後に火を止めず、弱火で茹で続けるという方法もあります。
弱火を使う場合、3分程度でできあがります。

また前日に茹でておいて、翌日は食べるだけというのも楽ですね。
その時は、冷めても美味しいウインナーを使うのが良いでしょう。

ウインナーをもっと美味しく食べるには

ウインナー茹で方-3
ウインナーは茹で方に気をつけるだけで、格段に美味しくなります。

さらに茹で方だけでなく品質にもこだわることで、美味しいウインナーを楽しむことができます。

品質の良いウインナーは冷めても油っぽくならず、前日の仕込みやお弁当用として最適です。

いつでも手軽に美味しいウインナーを楽しむために、茹で方だけでなく品質にもこだわってみてはいかがでしょうか。

こだわりの和豚もちぶたのウインナーがおすすめ

「和豚もちぶたオンラインショップ by ハム工房ぐろーばる」で取り扱うウインナーは、和豚もちぶたを100%使用しています。

和豚もちぶたは、エサや育て方、流通にもこだわった豚肉です。
きめ細やかな肉質や上品な旨みが特徴で、2019年12月には精肉のバラはグランプリ、ロースは金賞を受賞しました。

和豚もちぶたを100%使用したウインナーは豚肉の旨みあふれる味わいで、毎日食べても飽きがこないので、日常使いにもおすすめです。

【お試し】加工品セットは、2種類のウインナーを楽しめるほか、ハムやベーコンもセットになったお得な商品です。

高品質のウインナーを使って、美味しい茹で方に挑戦したいという方は、ぜひ和豚もちぶたのウインナーをお試しください。

>>豚肉通販「和豚もちぶたのオンラインショップ」はこちらから

監修・運営者情報

監修・運営者 グローバルピッグファーム株式会社
住所 群馬県渋川市北橘町上箱田800
お問い合わせ 0120-44-3746
(携帯電話の場合:0279-52-3746)
詳しくはこちら http://www.hamukoubou.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。