ハム工房ぐろーばるの和豚もちぶたオンラインショップでは、お歳暮やお中元のハムのギフトや贈り物が人気です。

和豚もちぶたオンラインショップ

  • フリーダイヤル0120-44-3746
  • 携帯電話0279-52-3746
営業時間/9:00~17:00 定休日/月曜日(祝祭日の場合と12月の月曜日は営業)
ご連絡の際は電話番号をよくお確かめのうえお掛け間違いのないようお願い申し上げます。

会員登録

リニューアルに伴い既存会員の
お客様も再登録をお願いいたします。
お手数をおかけいたしますが
何卒よろしくお願いいたします。

和豚もちぶたレシピ

WATON COLUMN

和豚もちぶたについて

2021/08

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
  • 今日
  • 実店舗定休日
  • 着日指定不可日

店舗のご案内

レシピ

豚ロース肉で作る 土用の丑の日かば焼き丼

調理時間 漬け込み30分+調理15分

市販の「うなぎのタレ」は、うなぎ独特の旨みや香りが入っているので、豚肉を使っても立派なかば焼きが作れます。
よりうなぎっぽさを楽しむには、隠し包丁で歯切れをよくすると食感も良くなります。和豚もちぶたは臭みがなく、タレの旨味と合わさって、おいしさ抜群。ぜひ土用の丑の日にお楽しみください!

市販の「うなぎのタレ」は、うなぎ独特の旨みや香りが入っているので、豚肉を使っても立派なかば焼きが作れます。
よりうなぎっぽさを楽しむには、隠し包丁で歯切れをよくすると食感も良くなります。和豚もちぶたは臭みがなく、タレの旨味と合わさって、おいしさ抜群。ぜひ土用の丑の日にお楽しみください!

材料

2人分
  • ◆うなぎのタレ(市販)100㏄
  • ◆酒30cc
  • ◆お好みで山椒適量

市販の「うなぎのタレ」は、うなぎ独特の旨みや香りが入っているので、豚肉を使っても立派なかば焼きが作れます。
よりうなぎっぽさを楽しむには、隠し包丁で歯切れをよくすると食感も良くなります。和豚もちぶたは臭みがなく、タレの旨味と合わさって、おいしさ抜群。ぜひ土用の丑の日にお楽しみください!

作り方

  1. お肉をフォークや包丁で全体的に軽く切れ目を入れて味しみが良くなるように下ごしらえをし、うなぎのタレ半分と酒をジッパー袋に入れて混ぜ、お肉を入れて30分ほど漬けておく。
  2. 漬け込んでおいたお肉を取り出し、フライパンまたは焼き網で、弱火で焼いていく。
  3. 残りのうなぎのタレを付けながら焼き、お肉に火が通ったら一度まな板の上で食べやすい大きさに切る。
  4. 丼ぶりにご飯を盛り、その上にのせる。お好みで山椒をふって完成。

実際に作ってみた感想

我が家のパパは、うなぎの「タレ」味がとにかく大好きで、一人暮らしの頃から「タレ丼」を楽しむほどだったそうで、この豚ロース肉かば焼き丼もドンピシャでした。
タレと山椒の組み合わせはまさにうなぎ。しかも美味しい豚肉を使っているので旨みも倍増。
うなぎ屋さんで食べるうな丼も最高ですが、家で手軽に作れるこのかば焼き丼も、楽しくて美味しいと好評です!

管理栄養士からの一言コメント

管理栄養士からの一言コメント

足達 朝霞(あだち あさか)

かば焼きといえばうなぎが有名ですが、豚肉でアレンジするのもおすすめ。実は和豚もちぶたのビタミンB1量は、うなぎよりも多いんです!
ビタミンB1には疲労回復や自律神経を整えてくれる効果があるので、夏は特に意識してとりたい栄養素のひとつです。

レシピのTOPへ >