ハム工房ぐろーばるの和豚もちぶたオンラインショップでは、お歳暮やお中元のハムのギフトや贈り物が人気です。

和豚もちぶたオンラインショップ

  • フリーダイヤル0120-44-3746
  • 携帯電話0279-52-3746
営業時間/9:00~17:00 定休日/月曜日(祝祭日の場合と12月の月曜日は営業)
ご連絡の際は電話番号をよくお確かめのうえお掛け間違いのないようお願い申し上げます。

会員登録

リニューアルに伴い既存会員の
お客様も再登録をお願いいたします。
お手数をおかけいたしますが
何卒よろしくお願いいたします。

和豚もちぶたレシピ

WATON COLUMN

和豚もちぶたについて

2021/08

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
  • 今日
  • 実店舗定休日
  • 着日指定不可日

店舗のご案内

レシピ

調理時間 20分

寒い日の定番キムチ鍋は、お肉の脂から溶け出した旨味が決め手。和豚もちぶたのバラ肉は、さらっとした脂の旨味に定評があります。お鍋に使うことで、肉の旨味を余すことなく使えるので、定番メニューのお肉を“和豚もちぶた”に変えることで違いがはっきりわかります。

寒い日の定番キムチ鍋は、お肉の脂から溶け出した旨味が決め手。和豚もちぶたのバラ肉は、さらっとした脂の旨味に定評があります。お鍋に使うことで、肉の旨味を余すことなく使えるので、定番メニューのお肉を“和豚もちぶた”に変えることで違いがはっきりわかります。

材料

4人分
  • 【つゆ】
  • ◆だし汁(昆布だし)適量
  • ◆酒大さじ3
  • ◆みそ大さじ2
  • ◆コチュジャン大さじ2
  • ◆サムジャン大さじ1
  • ◆豆板醤小さじ2
  • ◆砂糖、しょうゆ各少々

寒い日の定番キムチ鍋は、お肉の脂から溶け出した旨味が決め手。和豚もちぶたのバラ肉は、さらっとした脂の旨味に定評があります。お鍋に使うことで、肉の旨味を余すことなく使えるので、定番メニューのお肉を“和豚もちぶた”に変えることで違いがはっきりわかります。

作り方

  1. バラ しゃぶしゃぶは一口大に切る。白菜は一口大に切り、長ねぎは斜め切りにする。えのきは小房に分ける。にらは5cm長さに切り、豆腐は一口大に切る。
  2. 土鍋に[1]の具材を入れ、【つゆ】の材料を土鍋の7分目まで入れて中火にかける。
  3. 沸騰したら弱火にし、全体に火が通ったらキムチを添えて完成。

実際に作ってみた感想

週に一度キムチ鍋を作っても飽きることのない我が家の食卓ですが、美味しい食材を使った時には明らかに美味しさが変わります。
和豚もちぶたのバラ肉の旨味や昆布出汁の旨味など何層にも重なり、手間をかけた分、食材を厳選した分だけ美味しく仕上がるお鍋は、もう欠かせません。

レシピのTOPへ >