ハム工房ぐろーばるの和豚もちぶたオンラインショップでは、お歳暮やお中元のハムのギフトや贈り物が人気です。

和豚もちぶたオンラインショップ

  • フリーダイヤル0120-44-3746
  • 携帯電話0279-52-3746
営業時間/9:00~17:00 定休日/月曜日(祝祭日の場合と12月の月曜日は営業)
ご連絡の際は電話番号をよくお確かめのうえお掛け間違いのないようお願い申し上げます。

会員登録

リニューアルに伴い既存会員の
お客様も再登録をお願いいたします。
お手数をおかけいたしますが
何卒よろしくお願いいたします。

和豚もちぶたレシピ

WATON COLUMN

和豚もちぶたについて

2021/08

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
  • 今日
  • 実店舗定休日
  • 着日指定不可日

店舗のご案内

レシピ

調理時間 30分

秋が旬の魚、カツオは、火を通しても美味しさが引き立ちます。カツオ単体のカツレツの場合、魚特有のにおいが強くなりますが、和豚もちぶたのバラ肉を巻くことで香りが穏やかになります。また、カツオはお好みで半生でも、刺身とカツレツの間のような美味しさに仕上がります。お好みでとんかつソースや塩ポン酢でお召し上がりください。

秋が旬の魚、カツオは、火を通しても美味しさが引き立ちます。カツオ単体のカツレツの場合、魚特有のにおいが強くなりますが、和豚もちぶたのバラ肉を巻くことで香りが穏やかになります。また、カツオはお好みで半生でも、刺身とカツレツの間のような美味しさに仕上がります。お好みでとんかつソースや塩ポン酢でお召し上がりください。

材料

2人分
  • ◆塩(または塩麹)、小麦粉各適量
  • ◆溶き卵1個分
  • ◆パン粉、揚げ油各適量

秋が旬の魚、カツオは、火を通しても美味しさが引き立ちます。カツオ単体のカツレツの場合、魚特有のにおいが強くなりますが、和豚もちぶたのバラ肉を巻くことで香りが穏やかになります。また、カツオはお好みで半生でも、刺身とカツレツの間のような美味しさに仕上がります。お好みでとんかつソースや塩ポン酢でお召し上がりください。

作り方

  1. カツオの柵全体に塩(または塩麹)をすり込み、バラ しゃぶしゃぶを全体に巻きつける。
  2. 小麦粉をまぶして溶き卵にくぐらせ、パン粉をつける。
  3. [2]を180℃に熱した揚げ油に入れる。3〜4分で表面がきれいなキツネ色になり、揚げる音がチリチリと変わってきたらバットにあげ、油を切る。
  4. 食べやすい大きさに切り、お好みの添え野菜と一緒に盛り付けて完成。

実際に作ってみた感想

豚肉だけではできないレアな仕上がり、カツオだけではできない美味しさのバランスは、豚肉+カツオで楽しいメニューに仕上がりました。
いつものとんかつは170℃くらいで揚げますが、180℃で揚げると外はカリッと中はレアに仕上がり、普通のとんかつとも違う、カツオのタタキとも違う美味しさでした。

レシピのTOPへ >