ハム工房ぐろーばるの和豚もちぶたオンラインショップでは、お歳暮やお中元のハムのギフトや贈り物が人気です。

和豚もちぶたオンラインショップ

  • フリーダイヤル0120-44-3746
  • 携帯電話0279-52-3746
営業時間/9:00~17:00 定休日/月曜日(祝祭日の場合と12月の月曜日は営業)
ご連絡の際は電話番号をよくお確かめのうえお掛け間違いのないようお願い申し上げます。

会員登録

リニューアルに伴い既存会員の
お客様も再登録をお願いいたします。
お手数をおかけいたしますが
何卒よろしくお願いいたします。

和豚もちぶたレシピ

WATON COLUMN

和豚もちぶたについて

2021/08

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
  • 今日
  • 実店舗定休日
  • 着日指定不可日

店舗のご案内

レシピ

調理時間 20分

「常夜鍋」とは毎日食べても飽きがこないことから名付けられたと言われています。たっぷりのほうれん草と旨味のある和豚もちぶたのロース肉、旨味がたっぷりしみ込んだ油揚げはシンプルなお鍋だけに、素材の良さが引き立ちます。味付けもシンプルなので、ポン酢でそのままいただいたり、薬味などを加えたりと、たれのアレンジを楽しむことができます。

「常夜鍋」とは毎日食べても飽きがこないことから名付けられたと言われています。たっぷりのほうれん草と旨味のある和豚もちぶたのロース肉、旨味がたっぷりしみ込んだ油揚げはシンプルなお鍋だけに、素材の良さが引き立ちます。味付けもシンプルなので、ポン酢でそのままいただいたり、薬味などを加えたりと、たれのアレンジを楽しむことができます。

材料

2人分
  • ◆水1,000cc
  • ◆昆布(5~6cm四方)2枚
  • ◆酒100cc
  • ◆ポン酢、いりごま(白)各適量

「常夜鍋」とは毎日食べても飽きがこないことから名付けられたと言われています。たっぷりのほうれん草と旨味のある和豚もちぶたのロース肉、旨味がたっぷりしみ込んだ油揚げはシンプルなお鍋だけに、素材の良さが引き立ちます。味付けもシンプルなので、ポン酢でそのままいただいたり、薬味などを加えたりと、たれのアレンジを楽しむことができます。

作り方

  1. ほうれん草はよく水洗いし、半分に切る。油揚げは2cm幅に切る。
  2. 土鍋に水、昆布を入れて弱火にかけ、沸騰直前で昆布を取り出し、酒を入れて煮立たせる。
  3. 油揚げ、ほうれん草、ロース スライスを入れ、中火にして蓋をし、6~8分煮る。
  4. 全体に火が通ったら完成。 

実際に作ってみた感想

「毎日食べても飽きがこない」に納得!
お肉のうまみを存分に楽しめて、旬のほうれん草もたっぷりいただけます。油揚げもうまみをたっぷり吸っているので、どんどん箸がすすみます。
この時期はほうれん草を常備してるので、簡単な材料で短時間で作れるので時間のない日でも手抜き料理に見えません(笑)
簡単でおいしいが最高ですね。

管理栄養士からの一言コメント

管理栄養士からの一言コメント

足達 朝霞(あだち あさか)

ほうれん草と豚肉の食べ合わせは抜群!冬に不足しがちな栄養素を補ってくれます。特に、豚肉のたんぱく質やビタミンCがほうれん草に含まれる鉄分の吸収をサポートし、鉄分の吸収率を高めてくれます。

レシピのTOPへ >