レシピ

簡単みそ豚丼

調理時間 15分

火の通り方が異なる肉と玉ねぎを、別で炒める一工夫。それだけで水っぽくなりがちな肉丼ぶりがもっと美味しくなります。

肉はみそダレで味付けし、玉ねぎは軽い塩コショウの味付けにすることで甘みも引き立ち、薄味の玉ねぎで箸休めをしながら食べられます。

火の通り方が異なる肉と玉ねぎを、別で炒める一工夫。それだけで水っぽくなりがちな肉丼ぶりがもっと美味しくなります。

肉はみそダレで味付けし、玉ねぎは軽い塩コショウの味付けにすることで甘みも引き立ち、薄味の玉ねぎで箸休めをしながら食べられます。

材料

2人分
  • ◆塩コショウ少々
  • みそダレ
  • ◆みそ大さじ2
  • ◆砂糖大さじ2
  • ◆醤油大さじ1/2
  • ◆ゴマ油大さじ1

火の通り方が異なる肉と玉ねぎを、別で炒める一工夫。それだけで水っぽくなりがちな肉丼ぶりがもっと美味しくなります。

肉はみそダレで味付けし、玉ねぎは軽い塩コショウの味付けにすることで甘みも引き立ち、薄味の玉ねぎで箸休めをしながら食べられます。

作り方

  1. みそダレの材料をボウルに入れて混ぜ、たれを作っておきます。
  2. 玉ねぎはくし切りに、ローススライスは3cmほどに切っておきます。
  3. フライパンを中火に熱し、サラダ油を軽く敷いたらローススライスに軽く焼き色がつくくらいに焼き、火が通ったらお皿に上げておきます。
  4. 豚肉を取り出したフライパンに玉ねぎを中火で炒めて肉の旨みを吸わせ、透き通ってきたら塩コショウを軽く振り、お皿に上げておきます。
  5. フライパンに肉を戻したらみそダレを入れてよく絡め、一煮立ちしたら火を止めて、丼にご飯をよそい、豚肉をその上に盛り付けます。
  6. 別皿にとっておいた玉ねぎを肉の上に乗せ、小口ネギを振ったら完成です。

実際に作ってみた感想

肉を炒めて取り出したり、玉ねぎを炒めて取り出したりと、ちょっと手間かな?とも思ったのですが、まとめて炒める作り方とは味の違いが歴然でした。
子供達はおかわりが止まらない様子で、育ち盛りにもぴったりです。

  • ご利用ガイド

    オンラインショップ
    お買い物の流れ

  • 店舗のご案内

    群馬県 赤城山麓の直売店で
    直接ご購入も可能です

  • 営業日カレンダー

    は休業日となります

  • スペシャル動画を見る

    和豚もちぶた スペシャル動画配信中

  • Waton kitchen


TOP

TOP

TOP