ハム工房ぐろーばるの和豚もちぶたオンラインショップでは、お歳暮やお中元のハムのギフトや贈り物が人気です。

お問い合わせはこちら

フリーダイヤル

0120 - 44 - 3746

携帯電話から

0279 - 52 - 3746

営業時間 火・水・木/9:00~17:00 金・土・日・祝/10:00~18:00 ( 月曜定休日 ※祝祭日/12月の月曜日は営業 )

レシピ

豚ロースで作る、土用の丑の日かば焼き丼

調理時間 45分

市販の「うなぎのタレ」は、うなぎ独特の旨みや香りが入っているので、豚肉を使っても立派なかば焼きが作れます。

よりうなぎっぽさを楽しむには、隠し包丁で歯切れをよくすると食感も良くなります。

和豚もちぶたは臭みがなく、タレの旨味と合わさって、おいしさ抜群。

ぜひ土用の丑の日にお楽しみください!

市販の「うなぎのタレ」は、うなぎ独特の旨みや香りが入っているので、豚肉を使っても立派なかば焼きが作れます。

よりうなぎっぽさを楽しむには、隠し包丁で歯切れをよくすると食感も良くなります。

和豚もちぶたは臭みがなく、タレの旨味と合わさって、おいしさ抜群。

ぜひ土用の丑の日にお楽しみください!

材料

2人分
  • ◆うなぎのタレ(市販)100ml
  • ◆酒30cc
  • ◆山椒お好みで

市販の「うなぎのタレ」は、うなぎ独特の旨みや香りが入っているので、豚肉を使っても立派なかば焼きが作れます。

よりうなぎっぽさを楽しむには、隠し包丁で歯切れをよくすると食感も良くなります。

和豚もちぶたは臭みがなく、タレの旨味と合わさって、おいしさ抜群。

ぜひ土用の丑の日にお楽しみください!

作り方

  1. 豚ロース肉をフォークや包丁で全体的に軽く切れ目を入れて味しみが良くなるように下ごしらえをし、うなぎのタレ半分とお酒をジッパー袋に入れて混ぜ、豚ロース肉を入れて30分ほど漬けておきます。
  2. つけた豚肉を取り出し、フライパンまたは焼き網で、弱火で焼いていきます。
  3. 残りのタレを付けながら焼き、肉に火が通ったら一度まな板の上で食べやすい大きさに切り、よそったご飯の上に盛り付けます。
  4. お好みで山椒を振って完成です。

実際に作ってみた感想

我が家のパパは、うなぎの「タレ」味がとにかく大好きで、一人暮らしの頃から「タレ丼」を楽しむほどだったそうで、この豚ロースかば焼き丼もドンピシャでした。
タレと山椒の組み合わせはまさにうなぎ。しかも美味しい豚肉を使っているので旨みも倍増。
うなぎ屋さんで食べるうな丼も最高ですが、家で手軽に作れるこのかば焼き丼も、楽しくて美味しいと好評です!

レシピのTOPへ >

  • ご利用ガイド

    オンラインショップ
    お買い物の流れ

  • 店舗のご案内

    群馬県 赤城山麓の直売店で
    直接ご購入も可能です

  • 営業日カレンダー

    は休業日となります

  • スペシャル動画を見る

    和豚もちぶた スペシャル動画配信中

  • Waton kitchen


TOP

TOP

TOP