ハム工房ぐろーばるの和豚もちぶたオンラインショップでは、お歳暮やお中元のハムのギフトや贈り物が人気です。

お問い合わせはこちら

フリーダイヤル

0120 - 44 - 3746

携帯電話から

0279 - 52 - 3746

営業時間 9:00~17:00 定休日 月曜日(祝祭日の場合と12月の月曜日は営業)

レシピ

カブとロースハムのカルパッチョ

調理時間 20分

ロースハムとカブのスライスの厚さを同じくらいにすることで、歯切れの良さと食感の違いが楽しめるカルパッチョ風の一皿です。
ハムに塩味があるので、カブの塩はお好みで調整してください。

ロースハムとカブのスライスの厚さを同じくらいにすることで、歯切れの良さと食感の違いが楽しめるカルパッチョ風の一皿です。
ハムに塩味があるので、カブの塩はお好みで調整してください。

材料

2人分
  • ドレッシング
  • ◆おろしにんにく少々
  • ◆レモン汁小さじ1
  • ◆オリーブ油小さじ2
  • ◆塩、こしょう各少々

ロースハムとカブのスライスの厚さを同じくらいにすることで、歯切れの良さと食感の違いが楽しめるカルパッチョ風の一皿です。
ハムに塩味があるので、カブの塩はお好みで調整してください。

作り方

  1. かぶを水洗いしたら葉と実を切り分けます。葉の根元は土が残りやすいので、ほぐしながら水でよく洗い流します。
  2. かぶの実を皮がついたまま薄く輪切りにし、平らに並べたら軽く塩をまぶして5分ほどおきます。
  3. かぶの葉は小口切りにして塩を振り、軽く揉んだらギュッと絞り水気を切ります。
  4. ドレッシングの材料を合わせておきます。ロースハムは一口大に切ります。
  5. かぶの実の水分をキッチンペーパーで拭き取ったら、お皿にかぶのスライスとハムが少しずつ重なるようにして盛り付けます。
  6. 最後に刻んだかぶの葉を散らしてドレッシングをまわしかけ、お好みで黒こしょうをかけたら完成です。

実際に作ってみた感想

カブ独特の土っぽい香りとロースハムの燻製の香りが食欲をそそる、「何かもう一皿」という時にぴったりの、簡単レシピでした。

管理栄養士からの一言コメント

管理栄養士からの一言コメント

足達 朝霞(あだち あさか)

旬とは、その時期に一番おいしく食べられるだけでなく、食材そのものの栄養価が最も高まっている時期でもあります。だからこそ、旬の野菜をとりいれるのも料理を楽しむコツ。今回は冬の旬野菜「カブ」をつかったレシピです。カブに多いカリウムは、食塩の構成成分でもあるナトリウムの排泄を促し、過剰にとりすぎてしまったナトリウムとのバランスを整えてくれます。

今回のレシピでは、カブの葉も余すことなくつかっているので栄養満点!旬野菜の素材の味を楽しむことができるシンプルな味付けになっています。

レシピのTOPへ >

  • ご利用ガイド

    オンラインショップ
    お買い物の流れ

  • 店舗のご案内

    群馬県 赤城山麓の直売店で
    直接ご購入も可能です

  • 営業日カレンダー

    は休業日となります

  • スペシャル動画を見る

    和豚もちぶた スペシャル動画配信中

  • Waton kitchen


TOP

TOP

TOP