レシピ

スタミナトンテキ

調理時間 10分

トンテキはここ数年人気の豚ステーキです。
牛肉のステーキでは中まで火を通さないレア状態でも問題ありませんが、豚肉は一般的に中まで火を通す必要があるため、火入れが強すぎると固くなってしまいます。
和豚もちぶたなら、火を通しても固くなりにくいのが特徴。どなたでも失敗が少なく調理することができますので、ぜひお試しください。
また、焼く前に小麦粉を軽くまぶすことで、ソースの絡みが良くなりますのでお忘れなく。

トンテキはここ数年人気の豚ステーキです。
牛肉のステーキでは中まで火を通さないレア状態でも問題ありませんが、豚肉は一般的に中まで火を通す必要があるため、火入れが強すぎると固くなってしまいます。
和豚もちぶたなら、火を通しても固くなりにくいのが特徴。どなたでも失敗が少なく調理することができますので、ぜひお試しください。
また、焼く前に小麦粉を軽くまぶすことで、ソースの絡みが良くなりますのでお忘れなく。

材料

2人分
  • ◆小麦粉適量
  • A
  • ◆塩適量
  • ◆砂糖小さじ2
  • ◆酒小さじ1
  • ◆みりん大さじ1
  • ◆しょうゆ大さじ1
  • ◆ウスターソース大さじ1
  • ◆酢大さじ1
  • ◆ニンニク(すりおろし)1片
  • ◆生姜(すりおろし)大1/2
  • ◆粗挽き黒胡椒・ごま油少々
  • ◆サラダ油適量

トンテキはここ数年人気の豚ステーキです。
牛肉のステーキでは中まで火を通さないレア状態でも問題ありませんが、豚肉は一般的に中まで火を通す必要があるため、火入れが強すぎると固くなってしまいます。
和豚もちぶたなら、火を通しても固くなりにくいのが特徴。どなたでも失敗が少なく調理することができますので、ぜひお試しください。
また、焼く前に小麦粉を軽くまぶすことで、ソースの絡みが良くなりますのでお忘れなく。

作り方

  1. タレ用調味料(塩・砂糖・酒・みりん・しょうゆ・ウスターソース・酢・おろしニンニク・おろし生姜)を混ぜておきます。
  2. ロース肉を筋切り(加熱すると縮みやすい部分、脂身と赤みのつなぎ目あたりを包丁で軽く切れ目を入れる)し、全体に軽く小麦粉をまぶす。
  3. 軽く熱したフライパンにサラダ油を入れ、片面ずつ肉を焼いていきます。厚みがあるので、最初は強火で表面を焼き、その後弱火でじっくり火を通していきます。
  4. 火が通ってきたら余分な油をキッチンペーパーで拭き取り、〔1〕で混ぜた調味料を加えて、適度に煮詰めます。
  5. 仕上げに粗挽き黒胡椒を振ってごま油を軽くたらし、お皿に盛り付けて完成です。

実際に作ってみた感想

厚切りのロースは火の通し方がよくわからず、いつも固くなってしまっていました。今回、和豚もちぶたオンラインショップで買った厚切りロースをこのレシピで調理してみたら、柔らかくて驚きです。厚切りのお肉なのにお箸で切れちゃうことにも、この厚みなのに臭みがないことにも、あらためて素材の違いって大事なんだな、と実感しました。

  • ご利用ガイド

    オンラインショップ
    お買い物の流れ

  • 店舗のご案内

    群馬県 赤城山麓の直売店で
    直接ご購入も可能です

  • 営業日カレンダー

    は休業日となります

  • スペシャル動画を見る

    和豚もちぶた スペシャル動画配信中

  • Waton kitchen


TOP

TOP

TOP