レシピ

調理時間 10分

豚の生姜焼きは、豚肉と生姜の相性抜群な定番メニュー。お子様から大人の方まで大人気のメニューです。
和豚もちぶたの美味しさがギュッと詰まったロース肉は、火を通しても固くなりにくいのが特徴。また、肉の内面温度が高すぎると固くなりやすいので、弱火〜中火で焼くことで温度が上がりすぎるのを防ぎ、さらに美味しい仕上がりとなります。
「豚の生姜焼き」は、ご家庭の味によって使うお肉の部位が異なりますが、今回のタレを使えばどんな部位にもしっかり絡んでおいしい仕上がりになります。
また、タレがなかなか煮詰まらない時は、先にお肉をお皿に上げて、フライパン内でタレだけに詰めると、お肉に火が通り過ぎずにちょうど良く仕上がります。

豚の生姜焼きは、豚肉と生姜の相性抜群な定番メニュー。お子様から大人の方まで大人気のメニューです。
和豚もちぶたの美味しさがギュッと詰まったロース肉は、火を通しても固くなりにくいのが特徴。また、肉の内面温度が高すぎると固くなりやすいので、弱火〜中火で焼くことで温度が上がりすぎるのを防ぎ、さらに美味しい仕上がりとなります。
「豚の生姜焼き」は、ご家庭の味によって使うお肉の部位が異なりますが、今回のタレを使えばどんな部位にもしっかり絡んでおいしい仕上がりになります。
また、タレがなかなか煮詰まらない時は、先にお肉をお皿に上げて、フライパン内でタレだけに詰めると、お肉に火が通り過ぎずにちょうど良く仕上がります。

材料

2人分
  • ◆おろし生姜50g
  • ◆砂糖50g
  • ◆酒小さじ1
  • ◆しょうゆ大さじ2
  • ◆みりん大さじ2

豚の生姜焼きは、豚肉と生姜の相性抜群な定番メニュー。お子様から大人の方まで大人気のメニューです。
和豚もちぶたの美味しさがギュッと詰まったロース肉は、火を通しても固くなりにくいのが特徴。また、肉の内面温度が高すぎると固くなりやすいので、弱火〜中火で焼くことで温度が上がりすぎるのを防ぎ、さらに美味しい仕上がりとなります。
「豚の生姜焼き」は、ご家庭の味によって使うお肉の部位が異なりますが、今回のタレを使えばどんな部位にもしっかり絡んでおいしい仕上がりになります。
また、タレがなかなか煮詰まらない時は、先にお肉をお皿に上げて、フライパン内でタレだけに詰めると、お肉に火が通り過ぎずにちょうど良く仕上がります。

作り方

  1. タレ用調味料(おろし生姜・砂糖・酒・しょうゆ・みりん)を混ぜておきます。
  2. フライパンを火にかけ、弱火〜中火でまずは片面を焼きます。
  3. 1分半〜2分ほど焼き、焼いている面に軽く焦げ目がついたら裏返し、さらに1分ほど焼きます。
  4. 裏返した面も軽く火が通ったら、〔1〕で混ぜておいたタレをフライパンに回し入れ、肉によくからめます。
  5. 軽く煮詰めてタレの水分量を調整し、少しとろみがついたところでお皿に盛り付け、フライパンに残ったタレを肉にかけて完成です。

実際に作ってみた感想

豚の生姜焼きは我が家の定番メニューなので良く作っていたのですが、今回「和豚もちぶた ロース」を使ってみたら、その柔らかさにびっくり!子供のお弁当に入れたところ、「今日のお肉すごくおいしかった!」と大喜びでした。
タレの作り方もシンプルで使い回しが効くので、多めに作っておいて主人のおつまみ用の生姜焼きにも使い回しができました。

  • ご利用ガイド

    オンラインショップ
    お買い物の流れ

  • 店舗のご案内

    群馬県 赤城山麓の直売店で
    直接ご購入も可能です

  • 営業日カレンダー

    は休業日となります

  • スペシャル動画を見る

    和豚もちぶた スペシャル動画配信中

  • Waton kitchen


TOP

TOP

TOP