2017.01.20

和豚もちぶたのベーコンは、乾塩法+燻製で味も香りも豊かな本格派。

大寒を迎え、いよいよ冬も大詰めを迎えています。

グローバルピッグファームのある群馬県の赤城山では、ここ数日の寒波により雪化粧を重ね、厳しい寒さを迎えています。

カラダが芯から冷えるような寒い季節に食べる一食一食の食事は、食べるほどに温まるお料理のありがたさはもちろん、消化吸収でカラダ自体が発する熱に、心まで温かくなります。

そんな大切な食に携わることの喜びを感じながら、遠方よりお越しいただくお客様、ホームページからご注文いただくお客様のために、毎日和豚もちぶたのおいしさをお届けしています。

 

和豚もちぶたは、「脂身がおいしい」とお客様からご好評をいただいております。

その脂身の旨味を存分にお楽しみいただけるのが、和豚もちぶたの「ベーコン」。もうお召し上がりいただけましたか?

和豚もちぶたのベーコンの製法は、実はいたってシンプル。

昔ながらの「乾塩法」という、肉に対して必要量の塩を擦り込み、数日間寝かせることで塩分を肉に染み込ませ、その後燻製して仕上げるというもの。

Print

創業以来、変わらぬ製法で職人の手感覚を大切に作っています。

同じ和豚もちぶたとはいえ、季節や温度によってその性質を見極めなければなりません。

その精肉に対して最適な塩分の染み込ませ方を職人の指先で感じ、ムラなく擦り込むことで、ベーコンの土台が作られます。

Print

 

もともと保存食であったベーコンは、燻製をすることで適度に乾燥させて旨味を凝縮し、さらに燻による殺菌も含めて完成します。

現代では長期保存よりも日常食として作られているので、その分塩分も控えめに、食べやすい味付けになっています。

(和豚もちぶたベーコンは、商品により賞味期限は出荷日より10日~14日)

そして製法はもちろん、和豚もちぶたベーコンの美味しさ、その最大の理由は「和豚もちぶた」であることに尽きます。

精肉で最高のものを加工する。添加物は最低限に抑える(発色剤(亜硝酸Na)のみ使用)。

和豚もちぶたの旨味をそのままに、手を加えることでまた違った魅力を引き出す。

和豚もちぶたの精肉にこだわるからこそ、加工品の品質にも自信を持っています。

旨味が濃いから出汁にもなるのが、和豚もちぶたベーコンの特徴でもあります。

今の季節、ポトフやシチューなどの煮込み料理にも最適です。

寒い季節のあったかメニューに、ぜひ「和豚もちぶたのベーコン」をご用命ください。

IMG_5075

―――――――――――――――――――――――――

和豚もちぶたのベーコンを使ったパスタが、

「キングオブパスタ2016」で優勝!

詳しくはこちら

  • ご利用ガイド

    オンラインショップ
    お買い物の流れ

  • 店舗のご案内

    群馬県 赤城山麓の直売店で
    直接ご購入も可能です

  • 営業日カレンダー

    は休業日となります


TOP